国産オープンソースCMS「Joruri」をテーマとしたRuby実践活用セミナー、第一 回を開催しました。

公開日 2011年01月25日

たまIT戦略会議(たちかわIT交流会、青梅IT事業者協同組合、八王子ITネットワーク、三鷹ICT事業者協会)の主催で、国産オープンソースCMS「Joruri」をテーマとしたRuby実践活用セミナーの第一回セミナーが、1月25日(火)三鷹産業プラザ3F ITルームにて開催されました。

このセミナーの講師として、弊社代表の貴田および社員の山本がJoruri開発の背景やJoruriの操作方法について説明を行いました。

セミナーは今回の第1回を含め、次のような全3回の構成となっています。
セミナーに参加ご希望の方は、下記の要領にて申し込みください。
 

日時 時間 概要
第1回 1月25日(火) 13:00~17:00 Rubyとオープンソースビジネス、Joruriの開発経緯と機能紹介、主要機能紹介、GPL公開の経緯とオープンソースビジネスの考え方、事例、今後の方向性、質疑。
第2回 2月8日(火) 13:00~17:00 Joruriがどのようにウェブページを部品として管理しているか、機能、Railsアプリケーション、DB構造などから説明。
第3回 2月22日(火) 13:00~17:00 Rubyによる開発手法、Joruri のソースコードインプレッションを通して、RubyとJoruri構築を理解する。

詳しくはこちらをご確認ください(540KBytes)

お申し込みはこちらをご確認ください(171KBytes)

 

Ruby実践活用セミナー、第一 回目の様子

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード