自社開発

当社ではJoruri シリーズおよびZOMEKIの自社開発を行っており、これらのWebシステムをオープンソースソフトウェアとして公開しています。

Joruri シリーズ

2010年にオープンソース公開したJoruri CMSに引き続き、徳島県と当社は次のような各種Webシステムを開発して、オープンソースソフトウェアとして公開してきました。

  • Joruri CMS (コンテンツマネージメントシステム)
  • Joruri Gw(グループウェア)
  • Joruri Mail(Webメールシステム)
  • Joruri Plus+(SNS)
  • Joruri Video(ビデオ管理システム)
  • Joruri GIS(地理情報システム)
  • Joruri DMS(災害時情報共有システム)

これらのシステムはプログラミング言語としてRubyを利用しており、MVCフレームワークであるRuby on Rails上で稼働します。
Ruby on Railsのバージョンアップに対応してアプリケーションの修正が発生し、そのタイミングでアプリケーションのメジャーバージョンをアップしています。
Joruri CMSおよびJoruri Gwの最新版はVer.3であり、Joruri MailはVer.2です。

Joruri公式サイトはこちら  http://joruri.org/

ZOMEKI

2012年にJoruri CMSから派生しZOMEKIをオープンソースソフトウェアとして公開しました。
シンプルで安定しているJoruri CMSに対して、ZOMEKIは各種の要望に対応し次々の新しい機能を実装するプロダクトという位置づけです。
ZOMEKIの最新版であるVer.3では、毎週新しいバージョンをリリースする方法で開発を進めています。

ZOMEKI公式サイトはこちら  http://zomeki.jp